中古バイクでも見つかる!50ccレーサーレプリカの魅力

中古バイクを探すにあたって、大排気量バイクでは手が届かない本格的スポーツバイクを、原付と同じ50ccでも手軽に、かつ中古バイクで手頃に楽しみたいと考えたことはないでしょうか。そんな人におすすめなのが、「50ccレーサーレプリカ」。50ccとは思えないほどの走行性能と迫力あるボディは、どの車種も所有感を満たしてくれる満足度の高いバイクばかりです。車種によって中古バイクはレアですが、気になる車種は探す価値があると思います。今回は、そんな50ccレーサーレプリカの魅力をご紹介していきます。

 

中古バイクで探す 50ccレーサーレプリカの魅力

バイクの醍醐味といえば、風を切って疾走感を味わうことができるという点ではないでしょうか。バイクと人間がまさに人馬一体となり、ダイレクトに外の空気を感じながら走るということは、4輪では味わうことのできないバイクの特権です。この走りの快感を求めて中古バイクを探す人もいるのではないでしょうか。走りを追求していくと、よりスポーティーでシャープな乗り味を求める人も多くなります。しかし、スポーツバイクの代表であるレーサーレプリカは、いくら中古バイクとはいえ車体価格はもちろんのこと、維持費や燃費という面で購入を躊躇してしまう人も少なくありません。そこでおすすめなのが、50ccレーサーレプリカの中古バイクです。50ccの中古バイクといえばスクーターやスーパーカブなど、いわゆる「原付」だけだと思っている人も多いことでしょう。しかし、その中にも原付には見えない本格的レーサーレプリカも存在し、中古バイクで探すことも可能なのです。

 

50ccレーサーレプリカを中古バイクで探してみよう

中古バイク情報1:TZR50R(YAMAHA)

ヤマハの2ストロークエンジン搭載のレーサーレプリカといえば、TZRシリーズ。250ccが有名ですが、50ccも1990年に登場しました。未だに根強いファンの多い車種で、2ストエンジン搭載ということもあり中古バイク市場では高値で取引されています。ハーフカウルやネイキッド仕様など、あえて中古バイクのフルカウルを手に入れてカスタムを施して楽しむ人も多いです。走行性能については、コーナリングは深くバンクさせても安定性抜群で、加速、最高速ともに50ccとしては群を抜いています。ノーマルでも90km/h以上の最高速が出るため、サーキットでも活躍しているバイクの一つです。

 

中古バイク情報2:NS-1(HONDA)

50ccレーサーレプリカで最も有名なのがHONDA NS-1です。50cc原付には見えない迫力あるフォルムと、HONDAならではの安定性抜群のエンジンは今もなお多くのライダーから支持を受けています。通常のバイクではフューエルタンクに相当する部分がメットインスペースとなっており、スクーターのような実用性も大きな魅力でもあります。また、中古バイク市場では圧倒的な流通量を誇り、カスタムパーツも豊富です。

 

中古バイク情報3:RS4 50(aprilia)

2017年現在、数少ない「新車で買える2ストロークエンジン搭載のバイク」の一つです。中古バイクでもそこまで値崩れせず貴重なバイクです。RS4には125ccもラインナップされていますが、50ccと125ccについて車体サイズはもちろん、ホイールサイズやブレーキ、サスペンションまでもが同一となっています。車重は132kgとやや重いため、走行性能自体はそれほど高いとはいえません。しかし、2ストローク・キャブレター仕様のエンジンということで、さまざまなカスタムを楽しむという醍醐味も味わうことができるはずです。

中古バイクでも見つかる!オシャレで手軽なレトロネイキッドの魅力

中古バイクを選ぶ基準は人によってさまざまです。走りを楽しみたい人は走行性能、予算面などで中古バイクを選ぶ人もいるでしょう。中には「見た目」を第一に選ぶ人も多いと思いますが、そんな人におすすめなのが「レトロネイキッド」とよばれるタイプのバイク。今回は、スタイリッシュで手軽さが魅力の50ccレトロネイキッドについてご紹介していきましょう。

 

中古バイクでも見つかる!レトロネイキッドとは

バイクの車種はさまざまなタイプに分かれます。最もオーソドックスなタイプであるネイキッドや、スポーツタイプのレーサーレプリカ、迫力ある大きなボディが魅力のアメリカンなどが代表的です。しかし、その中でも個性やスタイルによって細分化された特徴を持つバイクも多くなってきています。例えばネイキッドの中にはレトロなスタイルが魅力の「レトロネイキッド」とよばれるタイプのバイクが存在します。YAMAHAのSR400やKAWASAKI W800などが代表的なモデルです。その多くは250cc以上の排気量なのですが、中には手軽に乗ることのできる50ccのレトロネイキッドも存在します。台数は決して多くないものの中古バイクも出回っており、お気に入りの1台が見つかるかもしれません。今回は、中古バイクで探せて手軽に乗れてオシャレなスタイルが魅力の50ccレトロネイキッドのモデルをいくつかご紹介していきます。

 

中古バイク市場でも人気!50ccレトロネイキッド

YB-1 FOUR(YAMAHA)

SR400やドラッグスターなど、オシャレでディテールの細かいバイクが多いYAMAHA。YB-1 FOURは、1996年に発売されたYB-1をベースに開発され、クロームメッキのパーツが豊富に採用され、きらびやかで豪華な印象のレトロネイキッドです。SR400を彷彿とさせるスタイルは、50ccには見えないほどの存在感があり、市街地から郊外までゆったりとマイペースに走りたいという人にぴったりのバイクといえます。中古バイク市場でも人気があります。

 

ドリーム50(HONDA)

HONDAの名車「クラブマン」を彷彿とさせるフォルムのドリーム50。CR110というレーシング仕様車をベースに開発され、販売された1997年当時としては世界最小の4ストロークエンジンが搭載されました。CR110を知る世代にとって、その世界観が忠実に再現されたドリーム50は懐かしく感じられ、CR110を知らない若い世代にとっては、今までにない斬新なスタイリングが好評を博し、一躍中古バイクの中で人気モデルとなりました。

 

レトロネイキッドとアメリカンとの違い

レトロネイキッドと比較されやすい車種の一つとして、アメリカンがあります。中古バイクを探す時、この2つで悩まれる方もいるのではないでしょうか。メッキパーツを仕様していたり、エンジンの形が似ていたりといった共通点はありますが、決定的な違いがあります。それは、「足の位置」です。レトロネイキッドの場合、あくまでもベースとなっているのは通常のネイキッドタイプなので、足を曲げた状態でエンジンの位置よりもやや後方に置くことになります。これに対しアメリカンの場合は、足は前方に投げ出すような形になり、エンジンの真下か前方に足を置きます。この他にも、タイヤの太さやハンドルの太さなどの違いが挙げられます。違いが判らない場合は、中古バイクを扱うバイクショップで確認してみてもいいかもしれません。アメリカンとレトロネイキッドは、どちらも古き良きレトロなスタイリングが魅力の車種でもあり、街の中を走る姿もオシャレに映ることでしょう。

中古バイクの50ccなのに本格的!フルカウルバイクの魅力

バイクの大きな魅力である「走り」を楽しむことのできるスポーツタイプのバイク。中でもフルカウル仕様のバイクは根強い人気を誇りますが、50ccのフルカウルバイクもあることをご存知でしょうか。もちろん中古バイクも流通していて、手に入れやすくなっています。今回は、手軽なのに本格的な走りを楽しめる、50ccフルカウルバイクの代表的なモデルをご紹介しながら、その魅力を探っていきます。

 

中古バイクでも手に入るフルカウルとは?

「カウル」とは風防(風除け)のことを指します。バイクで長時間走行していると、体にダイレクトに風圧がかかり疲労度が増してきます。カウルがあることによって、風圧が減り楽に運転することが可能になるのです。また、高速走行時にはカウルがあることによって安定性が向上するという役割も果たします。中古バイクでこの風除けの機能が劣化してくるという心配は少ないでしょう。ただしプラスチック部分が経年劣化で黄ばんできている場合があるので、中古バイクで探す際は、写真の細部までチェクし、出来れば実車を確認しに行くことが望ましいでしょう。カウルにはさまざまなタイプがあり、エンジンは覆わずに車体上部のみの「ハーフカウル」、ヘッドライトから上部のみを覆った「ビキニカウル」、そして車体の下部までを覆う「フルカウル」というものに分けられます。走行性能の高いスポーツタイプのバイクにはフルカウルが装着されることが多いです。

 

中古バイクでも手に入る50ccフルカウルバイク

NS-1(HONDA)

1991年に発売されたNS-1。92kgという車重は50ccとしては重い部類であるため、走行性能は決して高いとはいえない車種でしたが、一見して50ccには見えない大きなボディで当時の若者から絶大な支持を得て、今でも中古バイクとして一部ファンに人気があります。革新的だったのがヘルメットの収納スペースです。これは中古バイクでも確認することが出来ます。通常のバイクであれば燃料タンクに相当する部分が収納スペースになっており、ヘルメットはもちろん小物入れとしても重宝したため、50ccならではの実用性も兼ね備えたバイクでもありました。

 

NSR50(HONDA)

NSR50の発売は1987年。「New Sprinter Racing」の頭文字を取ったものであり、その名の通りレースを強く意識して作られた50ccフルカウルです。当時の中古バイクは非常に希少で、メンテナンスしながら乗られている中古バイクがもし流通しているなら、ファンにはたまらないでしょうね。NSRは250ccまでの排気量がランアップされていますが、中でもNSR50は50ccレースでも広く使用される人気の高いモデルです。そのため、公道走行可能なモデルであるNSR50の他にも、レース専用モデルであるNSR-miniというモデルが存在します。NS-1に比べて車重も軽く走行性能も高いことから、より走りを追求するライダーから高い支持を得ているモデルです。

 

中古バイクで探す50ccフルカウルバイクの魅力

今回ご紹介した中古バイクは、50ccという限られた排気量の中で、走行性能やボディサイズを極限まで追求したものです。維持費や燃費などの経済的コストが少ないというメリットはもちろん、手頃なサイズ感や実用的な機能も備わったお買い得なモデルであるだけに、多くのバイクファンに愛されています。手軽に本格的なスポーツバイクを楽しみたいという人に最適な50ccフルカウルを、中古バイクで探してみてはいかがでしょうか。

中古バイクで買えて女性にもおすすめ!フォトジェニックでかわいい50ccバイク4選

50ccの中古バイクは手軽に乗ることができ、私たちの生活にもっとも密着した存在です。おなじみのスーパーカブやスクーターなど、実用性の高い中古バイクが代表的ですが、中にはデザインを重視したかわいいバイクも存在し、手に入れやすい中古バイクもたくさんあります。今回は、そんなフォトジェニックでかわいい50ccバイクを、いくつかご紹介していきます。

中古バイク情報1:フォトジェニックな50ccバイク(YAMAHA編)

Vino デラックス

「レトロポップなファッションスクーター」のヤマハ Vinoデラックス。カラーラインアップも豊富で、個性を出したい人にはピッタリの1台。中古バイクの流通量も一定量あります。カラーのアクセントにもなっているかわいいスピードメーターのほかにも、コンビニフックや大容量のシート下収納など実用性も抜群。そして、ハンドルロック、シャッター付きカギ穴、リアホイールロックの3段階ロックによって強固なセキュリティも実現しています。

 

VOX

余裕のある大きなシートとフロントフォークが印象的なヤマハ VOX。シート下収納の容量は実に34Lで、一般的なスクーターの1.5~2倍の容量を誇ります。ハンドルから伸びる堂々としたフロントフォークの先には幅広のファットタイヤが装着されており、安定感抜群の走行性能を実現しています。ワイルドな中にもかわいさを感じさせてくれる、ヤマハの代表的な50ccバイクです。Vinoに比べると中古バイクの流通量は少し減りますが、手に入れやすい車種の1つです。

中古バイク情報2:フォトジェニックな50ccバイク(HONDA編)

ZOOMER

フレーム剥き出しのシート下とファットタイヤによって、どこか無骨な印象のホンダ ZOOMER。しかし、2つ目のヘッドライトによって正面から見た印象は少し変わってきます。無骨さの中にもキュートな印象が加わり、どこか憎めないかわいいバイク。中古バイクでも安定感抜群の走行性能で、乗り心地も抜群です。足付きが良く乗りやすい手頃なサイズ感であることと、他のどのバイクにもない「カッコいい」と「かわいい」を両立させたバイクであることから、男性はもちろん女性にもおすすめできる50ccの中古バイクです。

 

リトルカブ

驚異の燃費と耐久性で高い信頼性を誇り、新車でも中古バイクでも人気の高いホンダ スーパーカブ。その血統を受け継ぎ、かわいいレトロなデザインに昇華したリトルカブ。その名の通り、スーパーカブよりもタイヤサイズとシート高を落とし、小柄な女性でも乗りやすい手頃なサイズとなっています。また、スーパーカブのパーツの多くを流用できるためアフターケアという面から見ても安心して乗ることができます。全5色のカラーバリエーションの中から、あなたにぴったりの中古バイクを見つけてみてください。

中古バイクで探す、個性的でおしゃれな50ccバイク

中古バイクの50cc原付バイクと聞くと、スクーターのような通勤・通学メインの街乗り(いわゆる下駄車)バイクという印象を持つ人も少なくないと思います。そんな50ccは耐久性に優れ低燃費で維持費も安く、中古バイクとして市場価格もお手頃なため手に入りやすいと言えるでしょう。とは言え単なる街乗り用だけでなく、「おしゃれなバイクが欲しい」という声も多いです。今回は、そんな人にぴったりな中古バイクで見つかる50ccバイクをご紹介していきます。

 

中古バイクでも見つかる!50ccの変わり種バイク

バイクは単なる移動手段という枠を超え、ファッションの一つとして考える人も多くなってきました。特に10代・20代を中心とした若者にとって、他人と同じバイクではなく自分だけの個性を強調した、おしゃれな中古バイクが欲しいという声は多いです。50ccバイクは「スーパーカブ」やスクーターに代表されるように、使いやすさや耐久性を意識した車種が多いですが、それらとは一線を画し、強烈な異彩を放つ個性的でおしゃれな中古バイクも存在します。今回は、そんな50ccバイクの中から中古バイクでも見つかる2つの車種を厳選してご紹介していきます。

 

中古バイク情報1:ZOOMER(HONDA)

2001年6月の発売以降、個性的な見た目でロングセラーモデルとなっているHONDA ZOOMER。一見、ミリタリーテイストの強いワイルドな印象を受けるバイクです。最大の特徴はシート下の空間であり、フレームがむき出しとなっているため収納スペースがありません。スクーターの強みである収納スペースを排除したことで、それと引き換えに強烈な個性を手に入れたバイクといえます。フルノーマルでも十分に高いデザイン性を兼ね備えていますが、カスタムベースとして楽しむ人も多く、中古バイクと同様に多くのカスタムパーツが市場に出回っています。最初からカスタムされた中古バイクを探すも良し、自分色の中古バイクにするも良し。色々な楽しみ方が出来ます。さらにファットタイヤによって非常に安定した走行性を実現。多少の悪路であっても走破することが可能です。

 

中古バイク情報2:モトコンポ(HONDA)

1981年から4年間に渡って製造されたHONDA モトコンボ。42kgという非常に軽量な車重と、折りたたみ可能なハンドルによって車のトランクルームに収納できるほどコンパクト。当時としては今までにない斬新なバイクでした。しかし発売当初は売れ行きが芳しくなく、大量の売れ残りが発生していました。ところが1985年の販売終了以降、アニメなどの影響によりモトコンボが再び注目を集めるようになります。現在も中古バイク市場においてはマニア垂涎の希少車種であり、当時の定価以上で取引されることも珍しくありません。もしモトコンポが欲しいと思ったなら、多少遠方のショップにある中古バイクでも、陸送を使って手に入れた方がいいかもしれません。それくらい中古バイク市場でも希少な車種なのです。エンジンそのものは非常に非力で加速も物足りなく感じてしまいますが、エンジンの載せ替えなどさまざまなカスタムを楽しむ人が多いのもモトコンボというバイクの特徴です。