中古バイクの50ccなのに本格的!フルカウルバイクの魅力

バイクの大きな魅力である「走り」を楽しむことのできるスポーツタイプのバイク。中でもフルカウル仕様のバイクは根強い人気を誇りますが、50ccのフルカウルバイクもあることをご存知でしょうか。もちろん中古バイクも流通していて、手に入れやすくなっています。今回は、手軽なのに本格的な走りを楽しめる、50ccフルカウルバイクの代表的なモデルをご紹介しながら、その魅力を探っていきます。

 

中古バイクでも手に入るフルカウルとは?

「カウル」とは風防(風除け)のことを指します。バイクで長時間走行していると、体にダイレクトに風圧がかかり疲労度が増してきます。カウルがあることによって、風圧が減り楽に運転することが可能になるのです。また、高速走行時にはカウルがあることによって安定性が向上するという役割も果たします。中古バイクでこの風除けの機能が劣化してくるという心配は少ないでしょう。ただしプラスチック部分が経年劣化で黄ばんできている場合があるので、中古バイクで探す際は、写真の細部までチェクし、出来れば実車を確認しに行くことが望ましいでしょう。カウルにはさまざまなタイプがあり、エンジンは覆わずに車体上部のみの「ハーフカウル」、ヘッドライトから上部のみを覆った「ビキニカウル」、そして車体の下部までを覆う「フルカウル」というものに分けられます。走行性能の高いスポーツタイプのバイクにはフルカウルが装着されることが多いです。

 

中古バイクでも手に入る50ccフルカウルバイク

NS-1(HONDA)

1991年に発売されたNS-1。92kgという車重は50ccとしては重い部類であるため、走行性能は決して高いとはいえない車種でしたが、一見して50ccには見えない大きなボディで当時の若者から絶大な支持を得て、今でも中古バイクとして一部ファンに人気があります。革新的だったのがヘルメットの収納スペースです。これは中古バイクでも確認することが出来ます。通常のバイクであれば燃料タンクに相当する部分が収納スペースになっており、ヘルメットはもちろん小物入れとしても重宝したため、50ccならではの実用性も兼ね備えたバイクでもありました。

 

NSR50(HONDA)

NSR50の発売は1987年。「New Sprinter Racing」の頭文字を取ったものであり、その名の通りレースを強く意識して作られた50ccフルカウルです。当時の中古バイクは非常に希少で、メンテナンスしながら乗られている中古バイクがもし流通しているなら、ファンにはたまらないでしょうね。NSRは250ccまでの排気量がランアップされていますが、中でもNSR50は50ccレースでも広く使用される人気の高いモデルです。そのため、公道走行可能なモデルであるNSR50の他にも、レース専用モデルであるNSR-miniというモデルが存在します。NS-1に比べて車重も軽く走行性能も高いことから、より走りを追求するライダーから高い支持を得ているモデルです。

 

中古バイクで探す50ccフルカウルバイクの魅力

今回ご紹介した中古バイクは、50ccという限られた排気量の中で、走行性能やボディサイズを極限まで追求したものです。維持費や燃費などの経済的コストが少ないというメリットはもちろん、手頃なサイズ感や実用的な機能も備わったお買い得なモデルであるだけに、多くのバイクファンに愛されています。手軽に本格的なスポーツバイクを楽しみたいという人に最適な50ccフルカウルを、中古バイクで探してみてはいかがでしょうか。